本リトグラフに関する 歴史



2003年頃にマイケル·ジャクソンは、彼がヒストリー・ワールド・ツアーで巡回した計35カ国向けに限定リトグラフの発売を意図して、ウィズナー氏に有名なアルバム「ビリー・ジーン」の歌;「ブラック・オア・ホワイト」(Black or White)、「スムース・クリミナル」(Smooth Criminal)とチャリティー曲「What more can I give」の手書き歌詞を渡しました。


「マイケル·ジャクソン東京」株式会社がマイケル·ジャクソンの死の前に彼と共同で投機し、最終的に本プロジェクトをファンに限定版で提供する運びとなりました。 マイケル·ジャクソン東京は、ヒストリー・ワールド・ツアーを開催した35カ国向けのオリジナルのビリー・ジーンの歌詞の限定版リトグラフを日本向けに100枚のみ生産しています。